クラブの実績

「振り込め詐欺」防止対策プロジェクト

ステッカー

 

錦糸町駅前

 

亀戸駅前

 

「振込め詐欺」防止対策プロジェクト実施委員会

「振込め詐欺」防止対策プロジェクト実施委員会
委員長  奈良 康司(2016-17年度社会奉仕委員長)
副委員長 池永 憲明(2017-18年度社会奉仕委員長)
相談役  佐野 一信

 

 当クラブでは、2580地区補助金プロジェクトの対象となる事業として「振り込め詐欺」防止対策プロジェクトを2016年5月より企画し、2018年度(2017.7~2018.6)に実施いたしました。
 ご存知のように、テレビ、新聞などによる啓発にもかかわらず、高齢者をターゲットにする「振り込め詐欺」の被害が未だに多発している現状は、憂慮に堪えません。このような弱者に対する犯罪被害を防止するために、自宅の電話機の近くの目の留まる箇所に怪しい電話は「詐欺」と気付かせるように、貼る事の出来るステッカーを作成し、江東区、墨田区内の10万世帯の高齢者に江東区役所、墨田区役所、並びに両区内の各警察署のご協力をいただき配布しました。
 又、こうした活動を盛り上げる為、キャンペーンとして、2017年9月13日に錦糸町駅、亀戸駅両駅前にて、本所警察、城東警察並びに両駅長の全面的なご協力と、当クラブのほぼ全員によるステッカーの配布を大々的に行いました。この模様は、読売新聞の江東版及びケーブルテレビなどで放映されました。
 こうした、私ども東京城東ロータリークラブの活動により多少なりとも「振り込め詐欺」被害を減らすことが出来ればと強く念願しております。
 この度、墨田区、江東区の区長様を始めご協力いただきました関係者の皆様、大変ありがとうございました。
連合町会長様を始め町会関係者の皆様大変ありがとうございました。
亀戸駅、錦糸町駅駅長様並びに駅員の皆様大変ありがとうございました。
そして、城東警察署、本所警察署、深川警察署の署長様始め関係部署の皆様。大変ありがとうございました。皆様とともに地域の「振り込め詐欺」撲滅のために今後とも協力してまいりたいと思いっています。

 

文責
2016-2017年度 社会奉仕委員長
「振り込め詐欺」防止対策プロジェクト実施委員長
     奈良 康司

 

新聞記事

※クリックすると拡大表示にてご覧いただけます。